<   2014年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

やさしい薔薇

 

b0328557_20540399.jpg





b0328557_20562740.jpg





b0328557_20523740.jpg



バラ園で赤いバラや白いバラに触手が動きませんでした。
中間色のやさしい色合いのバラに引かれました。
クリアな写真が撮れた感じがします。


hiro photo


by HiroPhoto1690 | 2014-10-26 17:34 | | Comments(0)

Canon Digital Photo Professional の世界

 

b0328557_15574748.jpg


千日紅
豪華なダリアの隣に咲いていました。
存在感抜群のダリアに負けない美しさでしたがマクロレンズで寄るととてもかわいらしい写真が撮れました。



b0328557_15584280.jpg





b0328557_16004457.jpg


こちらはフラワーセンターに咲いていたコスモスです。
花びらの形と重なっている様が小野のコスモスと違います。




b0328557_16013824.jpg


小野コスモス畑でのワンショット。
この岡は夏はひまわり畑になります。
夏のなごりのひまわりで君はなにして遊んでいるの?


Canon Digital Photo Professionalはとてもきめ細かい調整ができます。
ですが自分の思い描く画像を求めるとかなりの時間と労力が必要です。
でもそのクオリティーの高さはすばらしく魅力があります。
播磨中央公園薔薇園で撮影した3枚の薔薇をCDPPで加工してみましたので後日アップしようと思っています。


hiro photo





by HiroPhoto1690 | 2014-10-24 20:58 | | Comments(0)

コスモス ~ やさしさと健気と ~

 

b0328557_20495339.jpg


コスモス やっぱりかわいい



b0328557_20452474.jpg


やさしい だけど健気



b0328557_20481078.jpg


飾らない ほっとする美しさがすきです。



b0328557_20463223.jpg

やさしい気持ちにさせてくれます。



b0328557_20404279.jpg

小野市にあるコスモス畑を訪れました。
コスモスはまだ蕾が多くて咲いていたのは半分程度でした。
光の加減がちょうどよくてやさしいコスモスの雰囲気がだせたと思います。

こちらの画像もCanon Digital Photo Professionalで加工しました。


hiro photo

by HiroPhoto1690 | 2014-10-23 23:21 | | Comments(0)

Dahlia * 光の魔法 *

 



b0328557_23492137.jpg

 




b0328557_23474091.jpg

 



ダリア 光のマジックのはじまりです。

b0328557_19041853.jpg





b0328557_19031940.jpg





b0328557_23545315.jpg





b0328557_19050859.jpg





b0328557_19055741.jpg




とてもカラフルな光のショーです。
それはやさしい光です。


b0328557_23524348.jpg


雨上がり 虫たちも忙しく飛びまわっていました。



b0328557_19084320.jpg


兵庫県立フラワーセンターにいきました。
まず出迎えてくれたのは今が見頃のダリアです。
大輪を咲かすダリアは目に鮮やかな濃い色合いですがマクロレンズで寄ってみるとやさしい色合いに映りました。
透ける光が透明でやさしくて甘い香りで誘います。

今回初めてCanon Digital Photo Professionalで画像加工しました。
できましたらPCの画面で高画像をご覧いただけると幸いです。


hiro photo








by HiroPhoto1690 | 2014-10-22 19:38 | | Comments(0)

森で出逢った小さな子たち

 

b0328557_23460107.jpg

 
どんぐり



b0328557_23462868.jpg


サクランボ



b0328557_23465198.jpg


だと思います。


薔薇園のある森のなかはどんぐりがいっぱいありました。
さくらの木には小さくて細長い実がなっていました。
さくらの木になっているからサクランボ?でしょうか。

たくさん森林浴をして。
きょうは家路につきます。


hiro photo




by HiroPhoto1690 | 2014-10-21 21:52 | 植物 | Comments(0)

秋の薔薇

 

b0328557_23441048.jpg

 
薔薇園にいきました。
やさしい薔薇はやさしい香りをしていました。



b0328557_23423863.jpg

 この巻いた花びらが一番の魅力だと感じます。





秋は5月の薔薇の季節と並んで各地で花を咲かせます。
播磨中央公園の薔薇園に出かけてみました。
5月にも訪れたのですが花のかずは半分ほどでした。
日曜は雲ひとつない晴天で薔薇のやさしさを撮影するのに悪条件でした。
作戦は自分の体や帽子で影をつくって撮影するというものでした。
5月の写真とくらべるとかなり作風が違うのがわかります。
心境の変化ですかね?


hiro photo






by HiroPhoto1690 | 2014-10-20 21:44 | | Comments(0)

皆既月食




10月8日 昨夜は月食でした。
はじめて月食の写真に挑戦してみました。



b0328557_23415068.jpg

 
満月の左下から欠けていきます。

キャノンEF70-300 4-5.6 IS USM
全てレンズ焦点距離300mm F5.6です。
ISO 100 シャッタースピード1/100


b0328557_23421355.jpg

 
30分はどで半分欠けてきました。

ISO 400 シャッタースピード1/320



b0328557_23422770.jpg

 
月食が始まって1時間 もう殆んど月が隠れてきました。
ファインダーを覗くと殆んど真っ暗でピント合わせが困難です。

ISO 400 シャッタースピード1/125



b0328557_23425574.jpg

 
皆既になりました。
シャッタースピードを超スローにして撮影すると影だけの「赤い月」が撮影できます。

ISO 400 シャッタースピード1/3


月の撮影は経験がありますが月食は初めてでした。
ピントはAFではなく、MFで撮りますが月が欠けていくとピント合わせがカンに頼るという撮影になりました。
風も大敵で遠くの被写体ですので微妙に揺れているのがわかりました。
来年も皆既月食があります。
また挑戦したいと思います。


b0328557_23431588.jpg

 


hiro photo




by HiroPhoto1690 | 2014-10-09 18:14 | 空間 | Comments(0)

秋色

 

b0328557_23235868.jpg

 


季節はすっかり秋ですね。
四季で一番色鮮やかな季節です。
そして心もほっと一息
そんな写真を撮りたいと思います。


hiro photo





by HiroPhoto1690 | 2014-10-08 17:32 | 空間 | Comments(0)

光のお店

 

b0328557_19222719.jpg

やさしい光に包まれたお店がオープンしています。


b0328557_19220664.jpg

窓から覗くライトが素敵でした。


b0328557_19225120.jpg




こうべ六甲山の夕暮れと夜を楽しんでいただけましたでしょうか。
六甲山頂はダウンジャケットでちょうどいい程寒いです。
寒くなればなる程夜景がきらきら美しく輝きます。
1000万ドルの夜景は断然冬がお勧めです。
暖かくしてお越し下さい。


hiro photo




by HiroPhoto1690 | 2014-10-07 22:14 | 空間 | Comments(0)

絵本

 


ただ、実物大の。



b0328557_19210579.jpg


 
バスがきました。



b0328557_19204630.jpg
お客はひとりです。




b0328557_19231072.jpg
 
夕日の撮影を終えて六甲枝垂れの中に入るとなにもない空間のはずが大きな作品がありました。
地下の水の溜まった場所には円錐のオベリクスが。
外の景色が見える細長いコンクリートの窓にはバスが。
バスは木製でまるでライトアップされているかのように光っていました。
外からの灯りだけでフラッシュも使用していません。

先月、大谷記念美術館で開催されたイタリアボローニャ国際絵本原画展に訪れたのですが、
そのときの不思議でやさしい絵本を思い出しました。
ファンタスティックな夜はもう少し続きます。


hiro photo





by HiroPhoto1690 | 2014-10-06 21:54 | 空間 | Comments(0)